調査等

◎令和5年度から、鳥取県から委託を受けて、下記事業を本法人が実施することになりました。
 事業(調査)結果は、随時掲載していきますので、参考にしてください。

県内三大河川(千代・天神・日野)水温調査  2024.2.7更新
アユ等の水生動物等の成長、産卵等には、各時期の水温が大きく影響します。
そこで、鳥取県の三大河川である、千代川、天神川、日野川の各河川の代表地点に、2箇所水中用温度計を設置し、毎月データの回収を行い、年間の水温の調査を行います。
各河川の水温の状況は次のとおりです。

 ※こちらはデータを回収次第掲載します。


[千代川水系]  2の赤松橋設置作業中
水温計設置箇所]
・設置箇所 1 →鳥取市源太橋下流(アユ産卵場)
・設置箇所 2 →若桜町赤松橋(アユ漁場)

〈千代川水系の河川水温の推移〉
(掲載データ:2023.12.14~2024.1.30)


[天神川水系] 1,2ともに設置作業中
[水温計設置箇所] 
・設置箇所 1 →倉吉市小田橋(アユ産卵場)
・設置箇所 2 →三朝町横手橋(アユ漁場)

〈天神川水系の河川水温の推移〉


[日野川水系] 
[水温計設置箇所]
・設置箇所 1 →米子市車尾堰(アユ産卵場)
・設置箇所 2 →日南町生山友釣り専用区(アユ漁場)

〈日野川水系の河川水温の推移〉
(掲載データ:2024.1.17~2024.1.30)
(掲載データ:2024.1.17~2024.1.30)

遊漁者数調査  ※R5は9月のみ1回実施   2023.11.17更新
鳥取県の三大河川である、千代川、天神川、日野川の各河川の主な漁場の遊漁者数の確認、釣果情報の収集を行います。
この調査により、アユの生息状況や釣り客の数の確認、県が設置・改修した魚道の効果等の検証を行うことができます。


【調査結果】
  9月 参 考
千代川 21日
 4人
・解禁当初心配された種苗のサイズ、釣果は徐々に回復していった。釣り客も増えていった。昨年よりよく釣れたとの声も聞かれた。
天神川 22日
 2人
・解禁当初から禁漁期まで、シーズンを通して釣果状況(種苗サイズも含めて)は大変良好で安定していた。
・他県からの問い合わせ、釣り客も大変多かった。
日野川 25日
32人
・シーズンを通して大変良好であった。
・特に伯耆町岸本の友釣り専用区周辺では多くの釣り客が確認された。
 ※R5は9月に3河川1回実施。
  調査実施場所1から順に、午前9時調査開始。
 ※人数は調査実施日のすべての場所の遊漁者の総合計数を記載。


~各河川の調査実施場所~
場所 千代川 天神川 日野川
鳥取市源太・国安
源太橋下流
倉吉市天神町
小田橋下流
米子市福市
十日市~八幡の八幡橋付近
鳥取市円通寺 倉田スポーツ広場上下流 倉吉市東巌城町
竹田橋上下流
西伯郡伯耆町吉長
友釣り専用区
鳥取市円通寺 新円通寺橋下流~円通寺橋 倉吉市円谷
大原橋上下流
日野郡日南町生山
友釣り専用区
鳥取市用瀬町
流しびなの館前
東伯郡三朝町大瀬 三徳川と天神川の合流点付近
鳥取市用瀬町樟原
日の出橋上下流
東伯郡三朝町湯谷
湯谷の漁場
八頭郡八頭町日田 山崎橋付近友釣り専用区 東伯郡三朝町久原
国交省久原測水所前
八頭郡若桜町 中之島公園前友釣り専用区 東伯郡三朝町横手
横手橋上下流
八頭郡若桜町岸野
岸野橋上下流

アユの放流状況調査(千代川・天神川)   2023.11.17更新
鳥取県内の河川のうち、千代川、天神川のアユの放流状況について情報収集を行い、県内外の遊漁者等へ有益な情報を発信します。
県内の河川に多くの方に興味を持っていただき、お越しいただけることを期待しています。
令和5年度に千代川漁協と天神川漁協が行ったアユの放流については下記のとおりです。
 ※毎年度更新する予定です。
 ※各放流場所には、地点名、放流日、放流数を記載しています。


【千代川、天神川漁協の令和5年度アユ放流箇所】
 ●千代放流期間:2023年4月20日~7月20日
 ●天神放流期間:2023年4月21日、5月6日

 ※このマップはGoogleのマイマップで作成したものです。
  地図の左下にある利用規約を必ず確認の上ご覧ください。

2024年02月02日