基金の概要

設立趣旨及び目的

 鳥取県の主要内水面域である千代川、天神川、日野川、湖山池及び東郷湖は、内水面漁業の重要な漁場であるとともに、一般県民にとって釣りや川遊び等の親水性レクリエーションゾーンとして重要な地位にあり、今後県民の余暇増大とともに、その役割はますます重要になっていくものと考えられる。
 しかしながら、これら内水面域の環境は社会経済の進展とともに自然生態系が大きく変化し、水産動物等の生息環境が著しく損なわれて、魚類等水産資源が年々減少している。
 このため、地方公共団体、民間団体及び地域住民が一体となって、内水面域の水産資源の増殖保護を推進することにより、県民が豊かな自然環境の中で、水や魚にふれあう親水環境の整備を促進し、もって本県の内水面漁業の振興並びに地域の活性化に寄与することを目的とする。

設立許可等の経緯

 公益認定年月日 平成24年3月23日(財団法人設立許可年月日 平成6年3月4日)
 設立登記年月日 平成24年4月 1日(財団法人設立登記年月日 平成6年3月7日)

所在地

 鳥取県鳥取市東町一丁目220番地(鳥取県農林水産部水産振興局水産振興課内)

代表者

 代表理事 中田 達彦(日吉津村長)

役員等

 [評議員] 4名 ~任期4年~

 安住 正治(元鳥取県漁業信用基金協会理事長) ※評議員長

 小野 達也(国立大学法人鳥取大学地域学部教授)

 中前雄一郎(元北栄町立北条小学校校長)

 森下 恵子(公益社団法人鳥取県栄養士会管理栄養士)

 [役 員] 6名 ~任期2年~

〈理事4名〉

 中田 達彦(日吉津村長) ※代表理事

 國米 洋一(鳥取県農林水産部水産振興局長) ※業務執行理事

 米谷 浩一(一般社団法人鳥取県建設業協会専務理事)

 佐藤 英夫(鳥取県内水面漁業協同組合連合会長・日野川水系漁業協同組合代表理事組合長)

〈監事2名〉

 武村 英治(鳥取県信用漁業協同組合連合会代表監事)

 田中 英利(鳥取市農林水産部長)

組織図


設立当初の出捐状況

   設立当初の基本財産額 6億円(令和4年3月31日現在:5.81億円)

出捐者別内訳 金 額
鳥取県 275,000,000円
鳥取市 53,567,000円
八頭町 17,756,000円
若桜町 7,427,000円
智頭町 8,839,000円
倉吉市 17,834,000円
湯梨浜町 13,180,000円
三朝町 7,841,000円
北栄町 4,522,000円
米子市 22,998,000円
南部町 9,725,000円
伯耆町 10,834,000円
日吉津村 3,756,000円
日南町 9,474,000円
日野町 6,368,000円
江府町 5,879,000円
一般社団法人鳥取県建設業協会 100,000,000円
鳥取県内水面漁業協同組合連合会 25,000,000円